婚活コラム

婚活する気にならないのはナゼ?危機感はあるのに行動しない私を変えたきっかけ

更新日:

婚活する気にならない私をかえたきっかけ

 

婚活をしないと結婚できないことは頭では分かっているのに、なかなか行動に起こせない。

後悔するのは分かっているのに婚活する気にならない。

アラサーだし婚活しないと・・・と思うけどする気にならない。

 

あなたは、こんな経験はありませんか?

 

サオリ
私は極度のめんどくさがり屋で「婚活エンジン」がかかるまで、かなり時間がかかるタイプでした。

 

婚活アプリや婚活パーティーを利用する時も「やろう、やろう」と思いつつ実行に移すのは数カ月後とかでした。本気で婚活やらないといけない事は分かってるけど、どこか婚活することが他人事のように思えて、先延ばしにしていました。

 

今回は頭では「婚活やらなきゃ!」と思っているのに、なかなか行動することが出来ない人に是非読んで欲しい私の実体験の記事です。

 

この記事を読むと、婚活する気にならない理由婚活をやる気になるにはある程度の危機感が必要ということが分かります。

 

 

 

婚活する気にならないのは今の状況に満足しているから

今の状況に満足している

 

アラサー独身女子なら薄々婚活しないといけない事は頭では分かっています。しかし、今の状況が自分にとって居心地が良くて満足している状況だからあえて変化させたくないのです。

 

居心地がいい場所から抜け出したくないばかりに、婚活がどこか他人事のように思うようになってしまうのです。

 

居心地のいい状況とは

  • 仕事やプライベートが充実している
  • 家族や未婚の友達が傍にいる
  • 今の生活環境を変えたくない

 

パートナーエージェント公式HP

 

 

仕事やプライベートが充実している

仕事やプライベートが充実している

 

私は地元の小さな会社に正社員で働いていました。職場環境も悪くなく、安い給料でしたが実家暮らしだったので生活に困ることはありませんでした。

 

家から職場まで車で5分で行けたので、昼食は自宅で帰って食べることができる距離でした。さらに仲のいい同僚とたった2人しか勤務しておらず、毎日おしゃべりしながら仕事ができる恵まれた環境でした。

 

プライベートでは趣味のダンスを習いイベントやショーにも出演するほどでした。給与のほんとは衣装代やレッスン代、交通費に消えていきましたがとても充実した毎日を送っていました。

 

私のように収入があり、生活に困らない、好きな趣味を存分に楽しめる環境があると、今の状況に満足してしまい婚活が後回しになってしまいます。

 

 

家族や未婚の友達が傍にいる

友達が側にいる

 

既婚者に囲まれると結婚に焦りがでるのとは反対に、未婚の友達が多く周りにいる場合は「まだ結婚しなくても大丈夫」という謎の安心感がうまれます。

 

さらに「早く結婚しろ」とプレッシャーを与えてくる両親と常に一緒にいない場合も、結婚を焦ることはありません。

 

私の両親は時々「そろそろ結婚したら」と言う程度だったので言われた瞬間はプレッシャーに感じる事もありましたが、時間が経てば慣れてしまい実家暮らしは居心地の良いものでした。

 

田舎では若い人は殆ど先に結婚しています。そのため近所の人とばったり出会うと必ず「サオリちゃん、まだ独身なの?いつ結婚するの?」と言われていました。しかし、当時の私は趣味と仕事だけを生活していたので、近所の人に会う回数は比較的少なかった為「結婚まだ?」と聞かれることを挨拶程度にしか思っていませんでした⇒「結婚はまだ?」はただの挨拶だと思うこと

 

趣味のダンスは市街地まで習いに行っていたので、習い事仲間の殆どは年上・独身が多く「自分はまだ大丈夫」という謎の安心感がありました。

 

 

今の生活環境を変えたくない

今の生活を変えたくない

 

人は一度ぬるま湯につかると新しい刺激や快感はありませんが、今が安楽の地なのでそこから抜け出したくはありません。

 

私のぬるま湯状態

・生活には困っていない

・趣味にお金を自由に使える

・時間を自分の好きに使える

・実家暮らしだから衣食住の心配はない

・自分中心の生活ができている

 

しかし結婚すると、この自由な生活が相手に合わせた生活に一変します。毎日早起きして食事作り、掃除や洗濯、さらには食材の買い出し、テレビだって好きな時間に好きな番組が見れなくなるかも知れません。また、女性は結婚後仕事を辞めて専業主婦になる場合もあります。そうなると、自分の趣味に好きなだけお金を使うことは難しくなります。

 

サオリ
当時の私は結婚生活はただ不自由になるだけではないのかと心配していた時期もあります。

 

 

婚活する気にならなかった私を変えたきっかけ

私を変えたきっかけ

 

「結婚する気になれない」と色々ネガティブなことばかり考えて婚活をする気にならなかった私ですが、ある日を堺に本気で婚活をする気になります。そこには「ある2つのきっかけ」がありました。

 

私を変えた2つのきっかけ

  • 両親は自分よりも先にいなくなる
  • 同僚が婚活を始めた

 

 

パートナーエージェント公式HP

 

 

両親は自分よりも先にいなくなる

両親は先にいなくなる

 

私は三姉妹の末っ子で長女と次女は遠くに嫁に行ってしまったので、結婚後はできたら実家で暮らしたいと思っていました。

 

サオリ
私の希望は婿養子かマスオさんタイプでした。

 

そんなある日、友人のお父様が亡くなったと聞いてお通夜に出席した時のことです。友人が「親が先にいなくなることは分かってたけど、こんなに早いとは思わなかった」と涙ながら話しているのを聞いて、こんな事を思ったのです。

 

両親は永遠には生きられないんだ。いつかは私が独りぼっちになるんだ。

両親が死ぬとき、独りぼっちの私を見て何を思うのかな。

 

サオリ
私はこの瞬間に親が言う「安心して死ねない」という言葉の真意をようやく理解したのです。

 

実家は私にとって居心地のいい場所です。しかしそれは、両親が存在していることが前提です。私が1人が実家で暮らしてもただ寂しいだけなんです。

 

そう考えた時、両親も安心できるようないい人を探そうと思い婚活をはじめました。

 

 

 

同僚が婚活を始めた

同僚が婚活を始めた

 

私が婚活を始めたきっかけに、仲のよい同僚が婚活を始めたこともあります。

 

あみちゃん

 

同僚のあみちゃんは私よりも2つ年下の色白で可愛い子でした。今まで男性とお付き合いした経験がないと私に話していました。

 

ところがある日、こんな報告をしてきのです。

 

あみちゃんのセリフ

 

えっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!(あみちゃん、婚活してたの?!)

 

私はめちゃくちゃビックリしました!だって、「あみちゃんはまだ結婚しないだろう」と勝手に思い込んでいたからです。それなのに突然の「結婚相談所に入会しました」発言を聞いて、さすがに「やばい」と思いました。

 

あみちゃんは私よりも2歳年下、先を越されてしまうと職場でもちょっと気まずい・・・

 

そして「私の方が年上だし、私が先に結婚したい」という謎のプライドが発動し、すぐに結婚相談所を探すことにしたのです。

 

 

婚活は始めてしまえば流れに身を任すだけ

流れに身を任すだけ

 

あれだけ婚活をする気がなくダラダラしていた私ですがスイッチが入るとそこからの行動は早かったです。ネットで問合せをして次の休みには結婚相談所の説明会&入会申し込みに行きました。

 

婚活アプリを利用していた時は「なんとなく相手が見つかればいいかな」とダラダラと婚活をしていました。しかし、結婚相談所に入会すると「○月までに結婚する」と目標を決めたことで、目標を達成するために自分がどういう風に婚活を進めれば明確になりダラダラとすることがなくなりました。

 

婚活を始める前は、頭の中で「まだ自分は婚活しなくても大丈夫」「いつか本気だせばなんとなかなる」と婚活をしない言い訳ばかり考えてしまいました。

 

しかし婚活は始めてしまえば、あとは流れに身を任せるだけでどんどん物事が進んでいったのです。

 

 

婚活する気がでない時はプロの力を頼るのもアリ

人の助けを借りること

 

婚活をする気持ちはあるのに、行動が起こせない人は将来に対する危機感が必要な状況にならないと、いくらたっても婚活を始めることはありません。

 

例えばこんな危機感

・仲のいい人が婚活を始めた

・両親が怪我や病気になってしまった

・生活できないほど収入が減った

 

どうしても危機感が持てない人は、婚活のプロの力を頼ってみましょう。婚活のプロはあなたが今するべきことを0から教えてくれる存在です。目的を明確にし、期限を設けて少しずつ前に進むことで、一歩一歩確実に成婚に近づくことができます。

 

ポイント

「独りで婚活をしないといけない」と思い込むと婚活へのハードルが上がってなかなか行動にうつせない。

 

結婚相談所はそれなりの費用が発生します。しかし、費用が掛かることで人は「なんとしても元を取らなきゃ」とサービスをしっかりと利用します。

 

そのため結婚相談所に入会すると短期間で成果を上げることもできるのです。

 

サオリ
さらに、婚活のプロはマラソンの伴走者のようにあなたを後ろからサポートしてくれるので、やる気がなくてダラダラすることがなくなります。

 

もちろんいきなり結婚相談所への入会は戸惑うと思います。まずは無料の資料請求から始めてみると良いきっかけになります。

 

\まずは無料請求からトライ/

パートナーエージェント公式HP

 

 

 

-婚活コラム

Copyright© 婚活プロ推薦!おすすめ結婚相談所ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.