婚活コラム

田舎での婚活は大変!在住者が教えるその理由とおすすめな婚活方法!

投稿日:

田舎の婚活

 

田舎って聞くと何を想像しますか?

大自然に囲まれて、見えるところは田んぼだらけ。聞こえるのはセミの声、夜になると満点の星々・・・とこんなイメージではないでしょうか。

はい。そこは私の田舎です。

 

サオリ
こんにちは、婚活レシピの管理人サオリです。

 

私が暮らしていたのは、コンビニも信号機もない田舎でした。もちろんイノシシ、熊、鹿が出たなんて聞くのは日常茶飯事。そんな田舎で婚活をしていた私ですが、田舎ならではの婚活苦労がありました。

 

今回は、田舎婚活が大変な理由と色々な婚活方法試した私が田舎で一番向いている婚活方法をご紹介します。

 

\田舎暮らしで婚活するならココ/

パートナーエージェント公式HP

 

 

田舎での婚活は不便すぎて大変

田舎

 

サオリ
私が住んでいる田舎はこんなところ

 

参考

●都市中心まで行くのに高速で1時間

●バスは1日4本程度、電車はない

●車が生活に欠かせない

●とにかく田んぼと山しかない

●人口は約3,000人弱

●消滅可能性都市

 

都市から来た人には「トトロが出そうな所」と言われるほど森ばっかりです。ちなみに、ポケモンGO開いてもポケモンは発生しない土地です。

そんな田舎では何をするにも不便さがつきまといます。それはもちろん婚活でも例外ではありません。

 

田舎婚活が不便で大変な理由

  • 市街地まで車で高速1時間!婚活で一泊!お金も時間も掛かる
  • 「遠いから」を理由にあっさり振られる
  • 同じ人や知り合いを婚活アプリで見かける

 

おすすめ記事
パートナーエージェントの評判は?他の結婚相談所との違いは?

数多くある結婚相談所の中でもパートナーエージェントは2006年に設立された若い結婚相談所です。 過去にブラック・ジャックとドロンジョのお見合いCMで話題になったのでご存知の方も多いかもしれません。 ま ...

続きを見る

 

 

市街地まで車で高速1時間!婚活で一泊!お金も時間も掛かる

車で移動

 

都市中心部に行くにも山を越えないといけません。なので高速道路を使って車で1時間掛けて婚活パーティーに行っていました。多い時には毎週通っていました。

 

婚活パーティーに仕事を終えて参加する場合は、19時開始のイベントに参加して24時頃自宅に到着するような感じでした。そして次の日は仕事に行ってました。

 

サオリ
今だったらだ体力的に無理かも・・・

 

パーティーでいい人に出会えた時は帰りの車も楽しいのですが、残念な時は帰路が長い分疲れが半端なかったです。さらに、この時の出費を計算すると、高速代+ガソリン代+駐車場代+パーティー参加費と結構かかってます。

関連記事
婚活はお金がかかる!?その意外な理由と実際に私が婚活にかけた金額

短期間で成婚したいならお金をかけて婚活をしたほうが効率的です。 実際に私は無料の婚活を何年もしていましたが、有料婚活に切り替えると半年で結婚することができました。   \よかったらプロフィー ...

続きを見る

 

また、相席居酒屋や相席ラウンジに行った際はお酒を飲むのでどこかビジネスホテルやネットカフェで泊まって翌日帰るようにしていました。

せっかく相席系は女性はタダで利用できるのに、私の場合は宿泊費と交通費を支払うことになるので損な気分になりました。相席系に言ったのはそれっきりです。

 

 

「遠いから」を理由にあっさり振られる

遠いから

 

私の住んでいる場所を言うと必ず「遠いね」と言われます。県内でも奥のほうにある田舎だったので仕方がないのですが、婚活アプリで出会ってやり取りをしても私が遠いと分かると返信はほとんど来なくなりました。

 

サオリ
会った時に直接「遠いから、ちょっと無理かな」と言われたこともあります。

 

婚活アプリは住んでいるところが近くて会いやすい人を探している人が多いので、待ち合わせ場所に出ていくまでに時間がかかる田舎の人にはちょっと向いてなかったようです。

 

婚活アプリは地域名を選択して検索することができるので、市街地から遠い地域は除外されやすいです。そのため私は婚活アプリでプロフィールを登録する時は地域名を近隣のちょっと大きな地域名で登録していました。これぐらいやらないと出会えなかったのです。

 

 

同級生や知り合いを婚活アプリで見つける

婚活アプリ

 

婚活アプリを使っていることは人に知られたくないですよね。できれば内緒にしていたいと私は思います。

 

しかし、私が婚活アプリで自分の住んでいる地域名で検索した時、見たことある顔が数名登録に出てきました。1人は同級生でした。仕事で本人に合う機会が会ったのですが、何もしらないふりをしてやり過ごしましたが、気まずかったです。

私が気づいたぐらいですから、もしかすると相手も私のことを見つけたかもしれません。考えただけでもゾッとして、私はすぐに婚活アプリの自分のプロフィール写真を削除しました。

 

サオリ
結局、私は写真も載せずに住んでいる地域名も嘘をついて婚活アプリを利用していました。

 

 

田舎在住アラサー女子が語る!田舎ならではの婚活事情

婚活事情

 

田舎には婚活の不便さに加え、田舎ならではの婚活事情があります。

 

サオリ
そんな田舎の婚活事情をご紹介しますね。

 

田舎の婚活事情

  • 自治体の婚活イベントに参加したくない
  • 出来れば婿養子に来てほしい
  • 初めて会った人に「結婚は?」と聞かれる

 

パートナーエージェント公式HP

 

 

 

自治体の婚活イベントに参加したくない

許せない

 

私の田舎でも自治体開催の婚活イベントは年に2~3回開催されていました。しかし、私の友人も含めこの婚活イベントは参加したくないと思っていました。

 

自治体が婚活イベントを開催する理由

・田舎の男性の嫁不足解消

・地域活性化

・補助金対策

 

私の田舎は嫁不足解消のために、男性参加者を地元在住の男性に限った婚活イベントでした。田舎の婚活イベントはその地域に住んでいる男性を参加者に絞っている場合がほとんどです。

 

そのため、婚活イベントに参加すると男性参加者が同級生や顔見知りなことが多く、女性にとって婚活イベントは魅力的には見えません。もちろんイベントを運営している人たちも顔見知りなので、内緒で婚活をしている人は、必ずここでバレるのでよっぽどの勇気がないと女性は参加することができません。

 

田舎なので噂が広まるのも早く、婚活に参加したことやカップルになれたかどうかの噂話は光回線並にすぐに広まってしまいます。

 

婚活裏話

田舎の男性はほとんど若い時に結婚するか、田舎を出ていくかのどちらかです。そのため独身で田舎に残っている人は長男、跡継ぎなどのなんらかの理由がある男性が多く、婚活イベントでもカップルになれずに常連化している人もいます。

 

\田舎でバレずに婚活するならココ/

パートナーエージェント公式HP

 

 

出来れば婿養子に来てほしい

バツ

 

出来れば婿養子に来てほしいという田舎の女性は意外と多いです。

 

田舎には大きな家、畑、田んぼ、山と継ぐものがあり「後を継ぐ」「家を守る」ということは身近な問題です。姉妹しかいない場合は誰かが家に残って婿をとるのが理想の形です。しかし、田舎で残っている男性は長男や跡継ぎが多いのでなかなか理想の出会いはありません。

 

田舎で嫁不足といわれるのと同様に婿不足なんです。

 

サオリ
婿限定の婚活イベントがあれば田舎女子も参加するかもしれません。

 

年老いた両親のためにも、婿に来てくれる男性と結婚したいと思っても出会いはありません。いい人に出会えても「婿養子希望」と伝えると相手が距離を置いてしまうこともあり、ほとんどの女性は婿養子希望の事は伏せて婚活をしています。

 

結局「婿養子」にこだわると結婚できなくなるかもしれないので「婿養子」を諦める人をいます。

 

サオリ
すぐは無理だけど結婚後、何十年かたったら田舎でのんびり暮らしたいって言ってくれる人でもいいんですけどね。なかなかいないのが現実です。

 

 

初めて会った人に「結婚は?」と聞かれる

ストレス

 

田舎で苦手だったのが、初めて出会った人にさえも「まだ独身なの?いい人いないの?」と聞かれてしまうことです。

 

サオリ
さすがに初対面の男性に聞かれた時はデリカシーない人だなと思いました。

 

興味本位で聞いていることは分かるのですが、1日何度も聞かれると流石にモヤモヤしてしまいました。

 

しかも、2回目に会ったときも同じことを聞いてくる人もいます。ご本人は聞いたことを忘れてしまうようなので仕方がないのですが・・・なんとも言えない気持ちになりました。

 

さらに、町内の病院、散歩中、仕事中、ボランティア中など時や場所を問わず「いい人できた?」といろんな人に聞かれます。田舎の人にとって独身の人に「いい人できた?」と聞くのは朝の挨拶と変わらないので、聞かれる方も「また聞いてきた」ぐらいに思うのが余計なストレスにならず済むのですが、悟りを開くまで時間はかかりました。

 

\辛すぎて悟りを開いた記事/

 

サオリ
ちなみに結婚した後は「赤ちゃん出来た?」攻撃に変わります。

 

 

田舎で婚活するなら結婚相談所がおすすめ

 

田舎で周囲に内緒で婚活をするなら結婚相談所がおすすめです。

婚活をオープンにしている女性は地域で開催される婚活イベントもおすすめですが、婚活イベントは町外からの女性を対象にしていることが多いので要確認です。

 

結婚相談所がおすすめの理由

  • 周りにバレずに内緒で婚活ができる
  • 相手の家族構成が先に分かる
  • 市街地に行かずに自宅で相手を探せる

 

パートナーエージェント公式HP

 

 

周りにバレずに内緒で婚活できる

 

最近では約60%の人が「婚活することが周りにバレてしまうのが恥ずかしい」と結婚相談所で内緒で婚活しています。

 

結婚相談所からの郵便物は差出人が結婚相談所だと分からないように工夫がされているので実家暮らしの人でも家族にバレることがありません。

 

 

さらに、結婚相談所からの連絡先を携帯電話だけに指定することができるので家電にかかってくることもありません。

 

 

相手の家族構成が先に分かる

家系図

 

結婚相談所では相手の情報を見て、お見合いを申し込むかどうかを考えることができます。結婚相談所のプロフィールデーターはわりと詳細なので家族構成から年収、趣味などを見ることができます。婿養子を希望している場合、家族構成は非常に重要になってきます。

 

婿に来てくれるかは本人に確認しないと分かりませんが、長男や一人っ子でなく、他に兄弟がいる男性であれば婿養子にきてくれる可能性があるので先に家族構成を見ることが出来るのは田舎の女性にとって心強いポイントになります。

 

 

市街地に行かずに自宅で相手を探せる

自宅

 

婚活パーティーや街コンといった婚活イベントのように市街地中心部にわざわざ行かなくても、自宅でスマホや自分のパソコンから結婚相手を探すことができます。

 

また自分で探さなくても条件に合った人を結婚相談所のアドバイザーに紹介してもらえるので、忙しい人でも簡単に始めることができます。アドバイザーとのやりとりもメールだけで済ませることができるので、結婚相談所に何度通う必要はありません。

 

田舎から結婚相談所がある市街地に行くだけでも結構時間が掛かってしまうので、できれば結婚相談所に出向く回数は減らしたいですよね。私は相談会と申込みを同日にしたので、結婚相談所に直接出向いたのはその1回限りでした。その後はメールでアドバイザーとのやりとりをして活動していました。

 

サオリ
サポートがしっかりしていたのでメールだけでも十分な活動が結婚相談所ではできました。

 

 

田舎にいながら婚活するならパートナーエージェントがおすすめ

結婚した二人

 

田舎と都会では明らかに都会の方が婚活が簡単です。婚活パーティーも行こうと思えばすぐに行けるし、電車やバスも本数があるので帰りの心配もしなくて済みます。さらに、婚活アプリの利用者もほとんど市街地周辺なのでデートで会うのも簡単です。

 

自治体の婚活イベントにおいても、町内の男性と市街地から来る女性を対象にしたものがほとんどで田舎の女性が主役の婚活イベントはなかなかありません。

 

だから私は田舎の女性にはパートナーエージェントでの婚活をおすすめします。

 

\パートナーエージェントはこちら/

結婚相談

 

パートナーエージェントの特徴

全国展開しているので支店数が多い

アドバイザーとのやりとりはメールや電話で可能

成婚率が高い

 

パートナーエージェントの支店は全国に30店舗あるので、自分の住んでいる地域に近い支店を選ぶことができます。

 

支店一覧

エリア名 支店名
北海道エリア 札幌店
関東エリア 横浜店、大宮店、千葉店、船橋店、高崎店、水戸店
東京エリア 新宿店、銀座店、銀座数寄屋橋店、池袋店、上野店、丸の内店、町田店、八重州店、渋谷店
中部エリア 名古屋店、岐阜店、岡崎店、静岡店、浜松店
九州エリア 福岡店、北九州店
中国エリア 広島店
関西エリア 大阪店、なんば店、京都店、神戸店、姫路店、奈良店

 

パートナーエージェントに入会すると婚活コンシェルジュがマンツーマンでサポートをしてくれます。この時のやり取りはすべてメールでするこができるので、家族にバレること無く相談事や悩み事をすることができます。もちろん直接電話での対応も可能となっています。

 

婚活をするのなら絶対に結婚しなくては意味がありません。パートナーエージェントの成婚率は大手結婚相談所ZWEI (ツヴァイ)、楽天オーネットを抑えて業界No.1です。

 

サオリ
どうせなら、成婚率が一番高い結婚相談所で婚活をしましょう。

 

 

婚活パーティーに通う交通費やガソリン代、参加費など積み重なるとそれなりの金額になってしまいます。早い内に自分に合った婚活を見極めることで、婚活にかかる費用を抑えることができます。まずは婚活のプロに無料相談してみるのもいいかもしれません。直接行くのはちょっと・・・と思ったら、まずは資料請求から始めてみましょう。

 

 

サオリ
もちろん家族には内緒で資料請求できますよ。

 

\無料カウンセリング&資料請求はこちらから/

パートナーエージェント公式HP

 

 

 

-婚活コラム

Copyright© 婚活プロ推薦!おすすめ結婚相談所ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.